女性のための生理痛情報サイト おしえて生理痛。よくある質問
低用量エストロゲン・プロゲスチン配合薬(LEP製剤)を飲むとがんになるリスクが高くなりませんか?

監修 カレスサッポロ 時計台記念病院 女性総合診療センター センター長 藤井美穂先生

生理のしくみ

よくある質問- 生理痛と女性の病気について、みんなの疑問に医師が答えます

  • 『生理』に関する質問
  • 『生理痛/月経困難症』に関する質問
  • 『婦人科受診』に関する質問
  • 『子宮内膜症』に関する質問
  • 『低用量エストロゲン・プロゲスチン配合薬/低用量ピル』に関する質問
  • その他
2.低用量エストロゲン・プロゲスチン配合薬(LEP製剤)を飲むとがんになるリスクが高くなりませんか?
LEP製剤を飲んで、乳癌などの各種婦人科がんのリスクを高めることを示したデータはありません。
卵巣がんや子宮体がん、大腸がんのリスクについては、減少させることがわかっています。
よくある質問TOPへ

 

このページのTOPへ

おしえて生理痛HOME