女性のための生理痛情報サイト おしえて生理痛。
「池下レディースクリニック銀座」ドクターからのメッセージです。

ドクターからのメッセージ
ドクターからのメッセージ
池下レディースクリニック銀座
院長 池下 育子(いけした いくこ)先生

がんばる女性ほど、体を大切に

東京メトロ有楽町線銀座一丁目駅の地上出口から徒歩1分という便利な場所にある「池下レディースクリニック銀座」。
院長は、心や体のトラブルに悩む現代女性の心強い味方として数多くの著書があり、女性誌などでも活躍中の池下育子先生です。
池下院長は、さまざまな女性の健康を見守ってきた経験から、ストレスを抱えながらがんばってしまう女性ほど自分の体に関心をもって、大切にしてほしいと言います。そこで、多くの女性ががまんしてしまいがちな生理痛、そして生理痛とかかわりの深い子宮内膜症についてお話をうかがいました。

オフィス街の中に、アットホームなクリニック

池下院長

オフィスビルやブランドショップが建ち並ぶ東京・銀座の落ち着いたビルの2階にある池下レディースクリニック。ドアを開けたとたん楽しそうな話し声が聞こえ、初めて訪れる人にも親しみやすい家庭的な雰囲気が感じられます。やさしいピンク色でまとめられたクリニック内には、さまざまな案内やメッセージが並びます。その中に、ピル経験者の感想メモで埋まったコミュニケーションボードもあり、患者さんとクリニックの交流が盛んな様子がうかがえます。
そして、何を相談しても頼もしく受け止めてくれそうな、人生の先輩といった感じの池下院長。スタッフも全員女性で、さまざまな相談にもていねいに対応してくれます。
クリニックを利用する患者さんは20代から40代が中心。なかでも
20代、30代の働く女性が圧倒的に多いそうです。生理痛や生理不順など生理関連のトラブルを訴える患者さんが多いとのこと。
「最近は職場での健康診断に婦人科検診が加えられたり、自治体ががん検診を推進するなど、婦人科を受診しやすい環境ができつつあると感じています。しかし、がん検診ではがんのチェックのみを行うため、子宮内膜症や子宮筋腫の有無についてはわかりません。このことがあまり知られていないためか、がん検診で『問題ないよ』と言われると、異常はないのだから…と生理痛をがまんしてしまう女性がやはり多いように思います。そういった患者さんの中には、たとえばおりものの異常や不正出血などがあって受診された際に『実は、以前から生理痛も気になっていたんですが』と初めて相談され、詳しく調べてみると子宮内膜症や子宮筋腫がみつかる人も多いのです。職場の検診を受けたからといって油断はしないでほしいですね」
特に子宮内膜症は20代、30代の女性に増えてきている印象があるため、生理痛が気になる人は、ぜひ婦人科を受診してほしいと池下院長は強調します。

検査も治療も、よく話し合い納得してから

待合室にはおしゃれな絵画が
池下院長の著書

では「生理痛がつらい」、「生理痛が気になる」という人が婦人科を受診した場合、実際の診察はどのように進んでいくのでしょうか。池下院長に聞いてみました。
「まず、生理痛のメカニズムや、考えられる病気とその症状を説明し、その方に合わせた検査をおすすめします。診断には内診が有効なため、検査は内診と超音波が中心で、子宮内膜症の疑いがある場合には血液検査も行います。内診に抵抗がある患者さんに無理に行うことはありません。特に初診のときは、他に症状はないかなどの問診や相談に重点をおき、患者さんの気持ちに沿った診察をするよう心がけています」
池下院長の方針は、患者さんが納得して検査や治療を受けられるように、コミュニケーションを大切にすること。最初は、内診を受けたくないという患者さんも、何度か診察を受け話をするうちに「受けてみようかしら…」と気持ちが変わることも多いそうです。
「治療については、低用量ピル、漢方薬、鎮痛剤などいくつかの選択肢を説明してどれを選ぶか話し合います。子宮内膜症が進行して緊迫した状態の患者さんには黄体ホルモン剤や手術が必要な場合もありますが、患者さんのライフスタイルや長期服用の可能性も考え、低用量ピルをおすすめすることが多いですね」
低用量ピルについては、副作用に漠然とした不安を感じている人が多いため、まず、治療効果やマイナートラブルについてていねいに説明して、ピルに対する偏見を払拭することに努めるそうです。
そのうえで、低用量ピルを希望する患者さんには、看護師が細かい服薬指導を行い、何か不安や相談があれば池下院長がじっくりと話を聞くなどしてきめ細かに対応します。また、ピルを服用し始めた患者さんからは、電話での相談や問い合わせが多いので、スタッフ全員が答えられるように頻繁に低用量ピルの勉強会を行い、最新の知識や情報を習得しているそうです。さらに、スタッフの方も実際に低用量ピルを服用しているため、その経験もふまえて患者さんの悩みや相談には親身に答えられるように心がけているとのこと。女性スタッフならではのうれしい対応ですね。

がまん強い人ほど、注意が必要

池下院長とスタッフの皆さん

銀座という場所がら、患者さんの中には、企業の中間管理職など責任のある立場でバリバリ働くキャリアウーマンも多いそうです。
「特に、20代後半から30代の女性は、生理痛ぐらいでは休めない…とがんばってしまい、自分の体のことが後回しになりがちですね。でも、女性の体はとてもデリケートです。がまん強くがんばってしまうタイプの女性には、子宮内膜症や子宮筋腫が多いという印象があるんですよ」
一般に「仕事を休むなど、日常生活に支障を来す痛み」という言葉が、重い生理痛の「めやす」として使われますが、痛みの感じ方や受け止め方は個人差が大きいので注意が必要だそうです。
「普通の生理痛だと思っている人も、年に1度は検診を受けてほしいのです。そして、毎月、生理の始まった日を記録する習慣もつけてほしい。そうすれば微妙な体の変化にも気がつくはずです。そして『いつもの鎮痛剤が効かない』とか、『経血の量がいつもと違う』『今回は痛みが長引く』というような変化があったら要注意だと思って、婦人科を受診してほしいですね」
子宮内膜症が進行すると不妊症になったり、チョコレート嚢胞ががん化することもあるため、体調の変化に気がついたら早めに受診してほしいと池下院長。
「不妊の相談に来られた患者さんにチョコレート嚢胞が見つかった場合、不妊治療が難しくなってしまうため、子宮内膜症がもっと軽症のうちに適切な治療を始められていれば…と残念に思ったこともあります。ですから、生理痛や子宮内膜症は決して軽く考えないでほしい。女性は自分の体を自分で理解し、将来のことも考えながら、大切にいたわってほしいのです」
自分の体に関心を持ち、体をいたわること。がまんしすぎないこと。そして、何か気になることがあれば婦人科を受診すること。東京で、がんばっているたくさんの女性たちを見守ってきた先生からの大切なメッセージです。ぜひ、心にとどめておきたいですね。

池下レディースクリニック銀座

池下レディースクリニック銀座

話しているだけで元気をもらえそうな池下院長は、女性の心と体のかかわりにも詳しく、また、スキンケアなど健康的な美の達人としても有名。
「婦人科でキレイになる!」がキャッチフレーズの同クリニックについて、詳しくはHPで。

住所 〒104-0061
東京都中央区銀座2-8-4 泰明ビル2階
電話 03-3562-1966
診療内容・受付時間など

詳しくはコチラ

URL http://ikeshitaikuko.com/
  • 基礎体温表
  • 症状メモ
  • 病院検索

ドクターからのメッセージ

北海道

東北

関東

甲信越・北陸

東海

近畿

中国

四国

九州

  • 【ひどい生理痛は病気が原因かも!?】アニメーションを見る
  • 【産婦人科へ行こう!】アニメーションを見る
  • 基礎体温表
  • 症状メモ
  • 病院検索
  • 生理痛の原因と治療

このページのTOPへ

おしえて生理痛HOME