女性のための生理痛情報サイト おしえて生理痛。
「やすこレディースクリニック」ドクターからのメッセージです。

ドクターからのメッセージ
ドクターからのメッセージ
やすこレディースクリニック
院長 林 康子(はやし やすこ)先生

Profile

都内の女子高校 桜蔭高校を卒業後、日本医科大学へ進学。想像以上の男社会の中で揉まれながら、横浜市立みなと赤十字病院経て2003年に「やすこレディースクリニック」を開院。「生まれ変わってもまた産婦人科医になりたい」と断言されるほど、信念と熱意を持って女性のさまざまな苦しみと向き合っておられます。

印象的だったのは、婦人科は診断学だという言葉。ささやかな異変も見逃さないように――。そのためにできることはすべてやる。そのために必要な機器の導入には積極的。それが、やすこ流です。医師の道を選ばれたのは、人が好きだったから。理系の強い女子校で学びながらも、「数学や化学より人が好きで、研究よりも医者が自分に向いてる」と考えられたのだとか。好きなことを活かせるという確信は実感として林院長の中にあるに違いありません。

患者さんの悩み解決のため、「もっとヒントをちょうだい!」という姿勢で。

予約制とはいえ待ち時間が長くなった時のことを考慮して、自作の啓蒙DVDを流したり、冷房対策のタオルケットを用意するなど、濃やかな心配りは林院長の熱意と人柄の表れです。

患者さん全体を見ながら、原因を探り当てる。それはまるで、「メディカルクイズのよう」だと林院長はおっしゃいます。
「どんな小さなことも見逃したくないんです。何か変だから大学病院に、というわけにはいかないですから」と、意思の強い瞳での言葉。そこには、林院長の責任感や覚悟が垣間見られました。少しでもいい機械で診断したい。惜しみなくいいものを使いたい。驚くほどの速さで進歩する医学界にいて、それはとても難しいことでしょう。それでも、「過剰診断をしないためにも、的確に原因にたどり着きたい」という思いを抱いていらっしゃるのです。だからこそ、患者さんからいろいろと聞き出すことをモットーに、時にはとことん質問攻めにすることも。そうしてあぶり出した問題点を明らかにして、「なぜこうなっているのか、どんな選択肢があるのか、を丁寧に説明します。ちゃんと説明して、患者さんに問題点を理解・納得してもらえたら」。すとんと腑に落ちた患者さんから「スッキリしました!」と言われることが、何よりの喜びなんだとか。
「ここ数年で随分と情報化が進みましたよね。たとえば、ホルモン剤に対しても抵抗のある人が減りました。とはいえ、もちろんまだまだ気持ち的に嫌だという人もいます。そういった意識の修正は何より困難なんです。だからこそ、イメージのズレが発生しやすい言葉とその意味を患者さんとすり合わせることが重要になります。例えば、『ホルモンバランスが悪いんです』と言って来院された患者さんに、「そもそもホルモンっていっぱいありますよ」と説明したり。若いのに『更年期みたいなんです』と言われると、「更年期って何か知ってますか?」と確認したり。」そうすることで、言葉ばかりが先走る危険を回避しようと努めてらっしゃいます。
毎日初診の患者さんが10人ほどやってくるのも、その誠実さを頼ってのこと。初診患者さん1人につき30分以上。丁寧に話を聴くことが林院長の長年のスタイルなのです。

病気ではなく、病人を診る」という心構えで、訴えに耳を傾ける。

クリニックでありながら超音波診断装置を5台装備。「きちんと診断したい」という林院長のこだわりが見られます。

生理痛ひとつとっても、「どこが痛いの?」「いつから痛いの?」「どんな時に痛いの?」「月経の何日前から痛いの?」と、林院長は細かく問うていきます。痛みのある箇所を明らかにすれば、生理痛の相談にも関わらず、胃や頭の痛みを訴える人も。そういった訴えをきちんと受け止め、必要とあらば発想を変えて、さまざまな角度から分析していくことを決して疎かにしません。「手当てというだけあって、触診は医療の原点」として、内診も重要視しています。最新の医療機器に価値を見出すのと同時に、それに依存はしない。それは、人が好きで医師を志した林院長が患者さんに寄り添うために守り続けている姿勢なのでしょう。
「訴えを聞き逃さないのはもちろんですが、彼女たちが訴えてない分まで見つけるのが私の役割です。本人が問題じゃないと思っている点をあぶり出すことが重要だと思っています。いろんな話をしているうちに、言わなくても出てくることがあるんです。10聞こうと思って15聞く。そういう気持ちを忘れないようにしています」

広めのトイレには全自動の洗面台を導入し、廊下に案内の目印を配し、受付前の壁には唐紙をあしらうなど、院内は女性ならではの目線で居心地のいい空間づくりがなされています。

1日約60人。毎朝全てのカルテに目を通して、スタッフに的確な指示を与えます。そのうち、30人ほどが月経困難症の相談だといいます。たとえば……熱中症対策の水分摂取が過多なせいで腸が張って痛みにつながることも。そんな思ってもみない原因が潜んでいる場合も少なくないのだそう。また、低用量エストロゲン・プロゲスチン配合薬(LEP製剤)が効き難い時は漢方を併用するなど。薬は明るく前向きに生きるための手伝いをするもの、という考えのもと、ピル外来では数種類の中からそれぞれに合ったピル選びを提案されているため、初めてでも構えることなく悩みを打ち明けることができます。また、何の症状がなくても定期的に検診を受けるには、信頼できるクリニックとの出会いが大事。きっと林院長は、その信頼に十分足り得る女性の味方です。

魅力★発見

患者さんから心のこもった贈り物も

「細かいことが苦手なので(笑)」と、朗らかに笑った林院長。だからこそ、視野の広さが肝心な産婦人科医に向いている、と冷静に己を分析されるのは理系出身ならではでしょうか。大学病院時代は救急ばかりで、「病院で一番輸血してるって言われてました(笑)」と、明るく当時を振り返られる姿には確固たる自信が漲っていました。聞き上手で、話し上手。そんな林院長を頼って、他人には言い辛いことを相談する患者さんも少なくないのだとか。時には2時間もの長電話にも付き合うなど、患者さんの不安を取り除くための労力は惜しまない。サッパリしているのに情に厚い。そんな林院長の人柄に惹かれて、毎日多くの患者さんが訪れるのです。

やすこレディースクリニック

やすこレディースクリニック 街を歩いていて目に付いたビル。そこを管理する不動産会社に飛び込み、手探りで開業したのが11年前。初日から多くの患者さんが訪れ、今でも毎年約3,000人の新規の患者さんを診察しています。日本で一番若い区といわれる都筑区だけあって、20〜30代を中心に、近年は更年期に対する悩みを抱えた人も多くなってきました。機械化・情報化に柔軟に対応しながら、快適な病院運営を目指しています。その一環として、初回の予約をインターネットのみというシステムを導入。30日前から予約可能ですが、不正出血や痛みなどがある場合は電話での相談もできるのでご安心を。

住所 〒224-0032
神奈川県横浜市都筑区茅ヶ崎中央17-26 ビクトリアセンター南201号
電話 045-948-2567
診療内容・受付時間など

詳しくはコチラ

URL http://www.yasuko-clinic.com/
  • 基礎体温表
  • 症状メモ
  • 病院検索

ドクターからのメッセージ

北海道

東北

関東

甲信越・北陸

東海

近畿

中国

四国

九州

  • 【ひどい生理痛は病気が原因かも!?】アニメーションを見る
  • 【産婦人科へ行こう!】アニメーションを見る
  • 基礎体温表
  • 症状メモ
  • 病院検索
  • 生理痛の原因と治療

このページのTOPへ

おしえて生理痛HOME