女性のための生理痛情報サイト おしえて生理痛。
「山辺レディースクリニック」ドクターからのメッセージです。

ドクターからのメッセージ
ドクターからのメッセージ
山辺レディースクリニック
院長 山辺 晋吾(やまべ しんご)先生

Profile

神戸大学医学部卒業、同大学院医学研究科へ進学。専門分野は婦人科内分泌、不妊、婦人科腫瘍で、神戸大学助教授、国立神戸病院、茶町レディースクリニックの院長を経て、地元神戸に山辺レディースクリニックを開院。大学病院・国立病院での勤務を通して、多くの臨床経験と医学知識に基づく医療を実践する。生殖内分泌不妊治療を得意とし、日本生殖医学会の生殖医療指定医として定評あり。

神戸の街で、婦人科ピル処方と女性の悩みに答えるクリニックとして誕生。まだ新しいながらも、開院前から長く神戸で地域医療に携わった実績と経験を持つ専門医が揃っています。また、大学病院助教授や国立神戸病院部長といった責任ある立場を歴任してこられた院長の経歴から、多くの関連病院を持つだけでなく、大学病院と直結した最新の医療知識の提供を行っているクリニックです。

豊かな経験を活かした診療を。

マリンカラーで統一された広々とした待合室。長らく神戸で愛されてきたレストラン「コム・シノワ」の内装デザイナーが担当されたのだそう。

医学部で学んでいたときは、「お腹の中は見てみないとわからん。そう思ってました(笑)。けれど、大学5、6回生の頃に注目され始めたホルモンに興味を持ちました。内分泌と外科的手術、そのどちらもやってみたくて産婦人科へ進んだんです。」その選択を、「これでよかったんやろな、と今では思えます」とおっしゃる山辺院長。大学病院時代は、病気そのものについて考えていることが多かったのに対して、今は患者さんと向き合って、ときには接し方に頭を悩ませることも。だからこそ、「何もないよ、と言って安心して帰ってもらうのも大切なこと」だと、山辺院長は考えています。生理痛や生理不順で悩む人はとても多く、それぞれの原因を明らかにしてから適切な対処をすることが第一。そのため同クリニックでは、生殖内分泌専門医のライセンスを持つ院長の指導の下、大学病院と遜色ない診断・治療が行われています。
患者さんは20代が中心ですが、思春期から更年期まで広く対応しており、休暇明けには広い待合室がいっぱいになるほどの人気です。中には婦人科検診で訪れる人も少なくなく、「検診無料クーポンを使った受診で病気がわかるケースもありますよ」とのこと。定期的な検査の必要性を感じる実例も多くあるといいます。

間仕切りのあるアンケートブースも設置。診察の前に簡単な問診を行っています。

おりものの異常やかゆみなど、ありがちな悩みにも注意が必要です。小さなトラブルから深刻な症状まで、そこには様々なサインが隠されているから。症状のあるもの、ほとんどないもの、簡単に治療可能なもの、一生治ることがないもの……。今すぐの妊娠を考えていなくても、未来を見据えて、まずは同クリニックを訪れてみてはいかがでしょう。

「悩む必要なんてないんです」

「日常のトラブルから、悪性腫瘍まで」―どんな相談にも答えてくださる山辺院長。過去1年間で6000人を超える初来院者数という数字が、そのスピリットの裏付けに。

市販の鎮痛剤が効かない。日常生活がしんどい。そんなときは、迷わず病院へ行くようにと山辺院長はおっしゃいます。「辛い時間が長いのは大変でしょう?生理痛は大半の人に多少はある症状です。だからこそ、根性論はいりません。辛いだけですからね。根性を出すことで痛みが増す場合もあります。無理して我慢する人も少なくありません。生理痛の治療には低用量エストロゲン・プロゲスチン配合薬(LEP製剤)が有効です。でもお薬を毎日飲むって、面倒くさいですよね。それが患者さんにとって負担であることは事実。しかしながら、月経困難症に悩む人は、それが有効だから『治療薬』だと思って飲む。だから、面倒でも続きます。程度の差こそあれ、悩みの大きさの問題ではないでしょうか。日常生活に支障を来たしている場合、薬を服用することで楽になることを実感していれば、続けることはそれほど困難ではありません。それは、日々の辛さがあるからこそ。(その辛さで)悩む必要はないんです。さらに言えば、なぜ悩まないといけないのか、その理由や原因が分かった方が生きていきやすい。」そう思いませんか?と、山辺院長からの問いかけ。まさに、その通りです。悩みを抱えながら生きていくことはしんどいもの。ならば、その悩みは少しでも軽くなる方がいい。そのために必要なLEP製剤ならば、安心して飲めるに越したことはないのです。吐き気・頭痛、不正出血といった副作用が出るケースもありますが、そこはドクターに相談して「続けるか、止めるか」の選択をすれば大丈夫です。

魅力★発見

豊富な知識と確かな技術を重ねた、十二分な実績を持つドクターが充実しています。経験豊かなドクターだからこそ、肩の力を抜いて、気楽な気持ちで相談することができるのも人気の理由。セカンドオピニオンとしても評判が高く、関連病院とのネットワークを生かした連携医療が最大の魅力です。「大学に長い間いましたから、そのご縁で多くの病院と連携が取れています。専門分野を考え、先生方のお人柄も加味して、最も適当な病院を紹介しています」と、山辺院長。「『自分の娘やったらこうしてほしい』という想いで、すべての患者さんに接しています」という言葉からもわかる通り、根気よく耳を傾け、親身になって寄り添ってくださるからこそ、多くの患者さんが信頼を寄せているに違いありません。

山辺レディースクリニック

三宮センター街の南側にある鳥居が目印。生田ロードに面したビルの5階にあるクリニックです。神戸・三宮の婦人科相談なら山辺レディースクリニックと言われるほどの人気。ピル専門外来もあり、ピル・アンケートに答えて、血圧を測定して問題なければ、とくに婦人科の診察(内診)を受けなくても低用量ピルの購入が可能。問診や血液検査を参考に、専門医の判断で最適なピルを処方してもらえるので安心です。また、保険が使える治療薬も処方してもらえます。「気軽に相談できるクリニックを身近に」という想いから、悩める女性のサポートをされています。大阪の「茶屋町レディースクリニック」は姉妹施設です。
同クリニックについて、詳しくはHPで。 山辺レディースクリニック

住所 〒650-0021
神戸市中央区三宮町2-5-1 三宮ハートビル5F
電話 078-335-0555
診療内容・受付時間など

詳しくはコチラ

URL http://www.yamabeclinic.com/
  • 基礎体温表
  • 症状メモ
  • 病院検索

ドクターからのメッセージ

北海道

東北

関東

甲信越・北陸

東海

近畿

中国

四国

九州

  • 【ひどい生理痛は病気が原因かも!?】アニメーションを見る
  • 【産婦人科へ行こう!】アニメーションを見る
  • 基礎体温表
  • 症状メモ
  • 病院検索
  • 生理痛の原因と治療

このページのTOPへ

おしえて生理痛HOME