女性のための生理痛情報サイト おしえて生理痛。女性の一生と身体の変化

監修 鳥取大学医学部 産科婦人科学 教授 原田省 先生

生理のしくみ

女性の一生と身体の変化

人は歳を重ねていくと身体も変化していきます。とくに女性ホルモンの分泌量やその働きが年齢とともに変わる女性の身体の変化は、とてもドラマチックなのです。

幼年期(0〜8歳ごろまで)
幼年期(0〜8歳ごろまで)

女性ホルモンはまだ眠ったままですが、卵巣の中にはすでに数百万個の卵子のもとになる原始卵胞がつくられています。外性器に特徴が出ます(第一次性徴)。

思春期(8〜18歳ごろまで)
思春期(8〜18歳ごろまで)

女性ホルモンが少しずつ分泌され、身体はふっくらと丸みをおび女性らしい身体に。11〜14歳ごろには初経を迎え、15〜18歳ごろには排卵や月経が安定し、妊娠・出産が可能になります(第二次性徴)。

性成熟期(18〜40代半ば)
性成熟期(18〜40代半ば)

女性としての身体の機能が成熟。女性ホルモンの分泌が順調になり、女性らしい外観、容姿が備わってきます。仕事、恋愛、結婚、妊娠、子育てに積極的に関われる充実した時期といえるでしょう。

更年期(40代半ば〜50代半ば)
更年期(40代半ば〜50代半ば)

卵巣の働きが徐々に衰え、女性ホルモンの分泌量が少なくなる一方で、卵巣を刺激するホルモンが過剰に分泌。ホルモンバランスがくずれ、更年期障害といわれるさまざまな不調や症状があらわれます。個人差はありますがやがて閉経を迎えます。

老年期(60歳ごろ〜)
老年期(60歳ごろ〜)

女性ホルモンの分泌は完全に停止、生殖器や卵巣も萎縮していきます。身体は丸みを失います。ただし、脳や神経は身体ほど急激には衰えず、判断力や創造力に磨きをかけることもできます。

  • 生理痛チェック 最近増えている生理痛、まずはあなたの生理痛をチェックしてみましょう

このページのTOPへ

おしえて生理痛HOME