監修 鳥取大学医学部 産科婦人科学 教授 原田省 先生

生理のしくみ 生理周期と体の変化

女性の体のリズムをつくる2つのホルモン

生理のリズムは、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)という2つの女性ホルモンの分泌で生まれます。一般的に生理周期は約4週間(28〜30日)を1サイクルとし、生理が始まってからおよそ14日目に「排卵」が起こります。こうしたホルモンの影響によって女性の身体や心の状態は4つの時期を繰り返します。今、自分がどの時期にいるのかがわかっていれば、心身のケアの方法が見つかったり、何かの予定を決めるときにも役立ちますよ。

生理中(1週目・低温期)

体温を上げる作用のある黄体ホルモンの分泌がなくなり、体温が下がって身体が冷え血行が悪くなります。
生理痛、頭痛や胃の痛み、生理の出血によって貧血気味になり身体のだるさをおぼえることも。
心身ともにブルーな時期。
生理が終わりに近づくと卵胞ホルモンの分泌が始まり、ブルーな気分から脱出できます。

生理後(2週目・低温期)

排卵を前に女性らしさを引き出す卵胞ホルモンの分泌が高まり、肌のつややきれいな髪をつくり、心も体もいきいきと充実させます。
卵胞ホルモンは排卵の準備をするとともに、排卵に向けて、女性としての美しさが増す時期です。

排卵後の調整期(3週目・高温期)

大きな不調はないものの、黄体ホルモンの分泌が高まって子宮内膜が充実しはじめ、下腹部になんとなく不快感や違和感を感じる時期。
心身ともテンションは高まりますが、黄体ホルモンは精神に不安定感ももたらすため、二面性のあるデリケートな時期でもあります。

生理前の不調期(4週目・高温期)

黄体ホルモンの影響が強く現れる時期。
体温の上昇やむくみ、便秘、肩こり、頭痛など身体的な不調に悩まされます。また、精神的にもイライラや不安感がつのり一番、不安定になる時期でもあります。

  • 生理痛チェック 最近増えている生理痛、まずはあなたの生理痛をチェックしてみましょう

生理のしくみ

  • 女性の身体のしくみ
  • 女性の一生と身体の変化
  • 生理周期と体の変化
  • 正常な生理、異常な生理
  • よくある質問
  • 用語集
  • 【ひどい生理痛は病気が原因かも!?】アニメーションを見る
  • 【産婦人科へ行こう!】アニメーションを見る
  • 基礎体温表
  • 症状メモ
  • 生理痛の治療と原因

このページのTOPへ