女性のための生理痛情報サイト おしえて生理痛。子宮内膜症の診断

監修 鳥取大学医学部 産科婦人科学 教授 原田省 先生

生理痛の原因と治療

生理痛と子宮内膜症

子宮内膜症の診断

子宮内膜症は良性の病気ですが、生理のたびに進行していきます。治療せずに放置すると生理痛がさらにひどくなったり、病巣の範囲や程度も広がってしまいます。痛みをがまんしたり、一人で悩まずに早めに医師に相談しましょう。

子宮内膜症の検査と診断

検査では、子宮の位置や形を確かめ、子宮内膜症や子宮筋腫などの病気でないか、子宮やその周りの臓器を調べます。最初の問診で検査内容も医師と相談して決めることができます。

1.問診

あなたの症状や痛みの程度を詳しく伺います。

2.内診

子宮や卵巣の状態を調べます。子宮・卵巣などの位置・大きさ、また子宮の動きがいいか、癒着の有無を判断します。性交経験がない女性には内診をしないことが多いです。

3.超音波検査(エコー)

超音波を発する装置(プローブ)を膣内に挿入する経膣エコーと、お腹に当てる経腹エコーがあります。子宮や卵巣の大きさを確認します。

4.血液検査(CA125値測定)

採血による検査です。子宮内膜症により、CA125の値が高くなることがあり、診断や治療効果判定の補助的手段として測定が行われています。

5.MRI検査・CT検査

磁気(MRI)やX線(CT)を使った画像検査です。さらに詳しく、卵巣チョコレート嚢胞の有無、子宮内膜症病変の位置・癒着を確認します。

病院選びのポイント
病院選びのポイント

子宮内膜症は長くつきあっていく病気です。だからこそ病院選びは慎重に。このサイトでは、病院を紹介しています。自分にあった病院がみつかるかもしれません。
また、子宮内膜症の治療を受けている知人に聞く、雑誌や子宮内膜症に関する本などからも情報を集めることができます。

  • ドクターからのメッセージ
  • 病院検索

このページのTOPへ

おしえて生理痛HOME