女性のための生理痛情報サイト おしえて生理痛。子宮内膜症の治療

監修 鳥取大学医学部 産科婦人科学 教授 原田省 先生

生理痛の原因と治療

生理痛と子宮内膜症

子宮内膜症の治療

子宮内膜症と診断されたら

子宮内膜症の治療法を選ぶときの大きなポイントは、すぐに妊娠を希望するかどうかです。

すぐに妊娠を希望しないときは‥‥
未婚者や、既婚者でも将来的には妊娠を考えているが今は希望していないという場合は、薬物療法がとられます。痛みを抑えるのに最適なのは「低用量エストロゲン・プロゲスチン配合薬」です。生理の量を軽くする効果もあり、広く使用されています。
海外では低用量ピルとして広く使用されていますが、本邦では低用量ピルの効能は「避妊」に限られているので、痛みの治療には保険診療での処方ができません。
早く妊娠したいときは‥‥
早く妊娠したい人で「卵巣チョコレート嚢胞」のある場合は、薬物療法に時間をかけるよりも手術を優先したほうがいいでしょう。直接、病変を取り除き、妊娠の妨げになっている癒着をはがします。また、すぐに妊娠を希望しない人でも「卵巣チョコレート嚢胞」が直径5〜6cmを超えている場合、疼痛症状が強い場合は早めに手術を考えておいたほうがいいでしょう。
鎮痛薬(NSAIDs)

炎症を抑え、子宮内膜症の最大の症状である「痛み」を軽減します。鎮痛薬には生理時に痛みを引き起こす、子宮の収縮を促す物質「プロスタグランジン」の発生を抑える働きがあります。鎮痛薬は種類が多く、人によって効く薬が違います。吐き気があるようなら坐薬を選ぶなど、市販品だけでなく、医師に相談して処方してもらうのもいいでしょう。

ホルモン療法

これらは、すべて病院や医院を受診して処方してもらう薬ですが、原因となる病気によっては、使われる薬が異なります。

低用量エストロゲン・プロゲスチン配合薬 / 排卵を止め、生理を軽くする。
低用量ピル / 排卵を止め、生理を軽くする。

排卵を止めることで子宮内膜の増殖を抑えます。薬を休む期間に生理(消退出血)が起こりますが、子宮内膜が薄いため、出血量が少なく、出血時の痛みも軽くなります。子宮内膜症の症状コントロールや再発予防に有効で、これまでの中用量ピルよりも副作用が少ないことから注目されています。

GnRHアゴニスト

閉経したときのように女性ホルモンの分泌を低下させて排卵及び生理を止め、子宮内膜の増殖を抑えます。副作用としては更年期様症状、骨量減少などがあります。

  • 点鼻タイプ
    1日2〜3回、鼻の粘膜に噴霧して使うスプレー薬。手軽に投与できる。投与期間は最長6カ月。
  • 注射タイプ
    4週間に1回、上腕や腹部に皮下注射する。投与期間は最長6カ月。
低用量ダナゾール療法

男性ホルモンの誘導体を使い女性ホルモンの分泌を抑え、閉経の状態をつくり、子宮内膜の増殖を抑えます。また、子宮内膜症病変に直接作用し、病巣を小さくします。最近では低用量を長期間(最長4カ月)続けて使う方法が主流となり、体重増加や肝機能障害の副作用が低くなっています。

黄体ホルモン剤

黄体ホルモンの誘導体を使い、子宮内膜症病変に直接作用し、病巣を小さくします。

手術療法
保存手術
保存手術

妊娠・出産を希望する人、未婚の人に対して、子どもを産むために必要な臓器を残す手術です。病巣部の癒着をはがす、卵巣内のチョコレート嚢胞を処置するなどがあります。ただし小さな病巣や隠れた部分の病巣は処置しきれず、再発の可能性があります。

準根治手術
準根治手術

症状が重く、子どもはもう望まないという人に対して、子宮を全摘出し、片方の卵巣などを残す手術です。毎月の生理がなくなり、ひどい痛みから解放されます。さらに健全な部分の卵巣を残すことで女性ホルモンが分泌され、更年期症状を防ぐことができます。ただし女性ホルモンが分泌される以上、残った病巣が再発する可能性は残ります。

根治手術
根治手術

症状が非常に重い場合、子宮と左右の卵巣、卵管などをすべて摘出する手術です。生理がなくなり、ひどい症状から解放され、再発もありません。ただし女性ホルモンの分泌がなくなることで、のぼせ、肩こり、多汗、うつ状態などの更年期症状が起こってきます。したがって、ホルモン補充療法が必要となります。

病院選びのポイント

病院選びのポイント子宮内膜症は長くつきあっていく病気です。だからこそ病院選びは慎重に。このサイトでは、病院を紹介しています。自分にあった病院がみつかるかもしれません。
また、子宮内膜症の治療を受けている知人に聞く、雑誌や子宮内膜症に関する本などからも情報を集めることができます。

  • ドクターからのメッセージ
  • 病院検索

このページのTOPへ

おしえて生理痛HOME