ドクターからのメッセージ ドクターからのメッセージ

しのざきクリニック
院長 篠崎 百合子(しのざき ゆりこ)先生

婦人科を積極的に利用して、積極的な毎日を

池袋から西武池袋線で2駅目、東長崎駅から徒歩1分。駅近くの豊島ハイツマンションの2階のフロアーにある「しのざきクリニック」。とても便利な場所にあり、また診療時間が午後8時までの曜日もあって仕事帰りにも立ち寄りやすいため、20~30代の働く女性に人気のクリニックです。院長は百合子先生だからトレードマークはユリ。入り口にもきれいなユリの花が飾られ、患者さんを温かく迎えてくれます。スタッフも全員女性で、広く明るいクリニックの隅々までやさしい気配りが行き届いています。

生理痛でも、婦人科へ

まずは、最近の「生理痛事情」について、院長にお聞きしてみました。

「生理不順や不正出血、おりものの異常、下腹痛などで来院された患者さんに、問診で聞いてみると、実は生理痛もあるという場合も多いです。でも、患者さん本人は病的なものとしては思っておられず、我慢したり鎮痛剤で対処したりしている人が多いです。ただ最近は、月経困難症やPMS(月経前症候群)などによる生理痛で最初から訴えて来院する患者さんも増えてきています」

重症の生理痛の場合、チョコレート嚢胞(のうほう)など子宮内膜症と診断されることも多いそうです。子宮内膜症は、晩婚化や少子化など女性のライフスタイルの変化につれて増加し、若い女性にも増えているので「生理痛は病気じゃないから…」という思い込みは禁物とのことです。

「生理が終わっても痛みが続く、毎回必ず痛みがある、月経量や血の固まりが多い、あるいは痛みがだんだんとひどくなっていくというような場合は、婦人科を受診してチェックした方がいいと思います。単なる月経トラブルであることも多いですが、病気が隠れている月経困難症の可能性もあります。いずれの場合の生理痛でも低用量ピルで治療することもできますし、重大な病気ではないとわかればそれだけでも安心して生活できると思います」

と篠崎先生。

内診の抵抗感をなくす配慮も

では、実際に、婦人科ではどのように診察が行われるのでしょうか。

「まず、あらかじめ記入していただいた問診票を利用して問診を行い、次は子宮内膜症、子宮筋腫などではないかを調べます。中心になるのは内診と超音波検査です。内診については誰でも抵抗があると思いますが、必須の検査ですし、患者さんの抵抗感をなくすように努力するのは、私たち婦人科にとって大事なことだと考えています」

受付
さまざまな女性の悩みに対応

そのため、クリニックでは、椅子に腰掛けるように自然に診察が受けられるタイプの内診台を設置しています。また、会社帰りのパンツスタイルでも気軽に受診できるように、スカート代わりの布を用意するなど、きめ細かい配慮をしているそうです。

「でも、診察する側は診察の一環として自然に行っていますから、患者さんも意識しすぎないで、気負わずに内診を受けてほしいのです。大事なプロセスですし、それで生理痛や不安が解決できれば、それ以降の生活のクォリティが上がるわけですから。何よりも、自分の体のことを大切に考えて受けてほしいです」

低用量ピルの治療を希望する人も増加

月経困難症による生理痛と診断された場合、最近は、生理痛が楽になるなら低用量ピルを試したいという人が増えてきたそうです。

「患者さんには、まず1周期試してみたらと勧めることが多いですね。その様子をみて大丈夫なら、2周期、3周期と続けてもらいます。3周期目ぐらいになると、飲み始めの頃にあった吐き気や出血などのマイナートラブルも落ち着いてきて、患者さんの不安も解消されます。低用量ピルで治療を行う場合、この最初の3周期目までの時期に、私たちプロがきちんとアドバイスして対応しておくと、あとはうまく続いていくことが多いですね」

明るい雰囲気の待合室
明るい雰囲気の待合室

服薬指導や細かいアドバイスは看護スタッフと連携して行います。スタッフも、最新の知識や情報を勉強し、わかりやすく説明することや、細かい相談にもていねいに対応することを心がけているそうです。若い患者さんにも「やさしく説明してもらって安心した」と好評とのことです。

「患者さんのアンケートなどによると、低用量ピルに対する満足度は高いですね。非常に楽になった、生理痛のつらさが劇的に変化したという人も多い。しかし、日本ではまだ低用量ピルの認知度が低く、生理痛に対する副効用を知らない人が医療関係者にも多いのです。もっとその認識が広がれば、使う人も増え、生理痛が楽になる人も増えるのでは、と期待しています」(篠崎院長)

婦人科を上手に利用してほしい

それでは「思い切って私も婦人科を受診してみようかな」と思ったあなたへ、院長からアドバイスをいただきましょう。

「最終月経はすぐに答えられるようにメモして、基礎体温を計っていれば、記録を持ってきてください。あとは気軽に受診して頂きたいということに尽きます。忙しい人でも、婦人科を受診する時間ぐらいは、なんとか作り出せるはず。仕事を続けていく上でも、何か気になることや不安があれば受診して解決したほうが、結局は仕事の効率も上がると思います。
最近は、自分の生活や人生を前向きに考え、婦人科も積極的に利用しようという女性が、少しずつですが増えている気がします。こうした女性がもっと多くなってほしいですね。ぜひ、上手に婦人科を利用してください」

駅前のメディカルモールの中、ユリの花が目印
駅前のメディカルモールの中、ユリの花が目印

しのざきクリニック

生活習慣病チェックや乳癌チェックも実施し、若い女性から更年期世代まで幅広い女性のニーズに応える。水曜日の診療時間は午後8時までと、勤め帰りの女性や多忙な女性に人気のクリニック。
同クリニックについて詳しくはHPで。

しのざきクリニック
住所
東京都豊島区長崎5-1-31 豊島ハイツ201
電話
03-5966-2249
診療内容・
受付時間など
詳しくはこちら
URL
http://www.sinozaki-clinic.com/

関連ページ

  • 基礎体温表
  • 症状メモ
  • 病院検索
医療関係者のみなさまへ

日本新薬の疾患啓発サイト

Page Top