ドクターからのメッセージ ドクターからのメッセージ

めぐみクリニック
院長 上野 浩久(うえの ひろひさ)先生

患者さん1人1人の状況と気持ちを大切にされています

金沢市の「めぐみクリニック」は、金沢市を中心に北陸3県から、遠くは東京からも来院される評判のクリニックです。ここには、お母さんに勧められて受診に来たり、お母さんと一緒に受診にやって来たりする若い患者さんも多いそうです。「金沢は親子関係が良好な土地柄、生理痛による婦人科受診するお母さんの影響が大きいのかもしれないですね」と院長の上野浩久先生。上野先生は、お母さんと一緒の受診であれば、「お母さんが若い時は生理痛はどうだったの?」という話に触れたり、1人での受診であれば、他愛のない四方山話からはじめたり、リラックスした雰囲気作りをしてくれるとても優しい先生です。

下腹部痛の原因は「子宮内膜症」?

受診にやって来る若い患者さんたちは、どのような症状に悩まれているのでしょうか?

「生理痛による下腹部痛で受診される患者さんは多くいますが、その痛みが『生理痛に関連する病気かもしれない』という事に気が付いていない方も沢山います」

やはり「生理痛に関連する病気」が下腹部痛の原因という方も多いのでしょうか?

北国新聞「健康相談室」に過去掲載された<br>めぐみクリニックのQ&A
北国新聞「健康相談室」に過去掲載された
めぐみクリニックのQ&A

「下腹部痛の原因で一番多いのは、原因となる病気がない『機能性月経困難症』です」

そして、その次に多いのが「子宮内膜症」です。
「子宮内膜症」という病気を患者さんは知っていますか?

「『子宮内膜症』という名前は聞いた事があっても、中身を知らないという人が殆どです。
めぐみクリニックでは、患者さんに病気について知識を得てもらうために、パンフレットを用いて子宮内膜症のメカニズムと治療の選択肢について詳しく説明しています。
『子宮内膜症』が不妊と関連する病気という事で社会的に言われ始めてから20年ぐらい経ちますが、まだまだ認知を広めていくのはこれからです」

「子宮内膜症」は不妊にも関わる病気なのですね。めぐみクリニックは、不妊の相談に来られる患者さんも多いそうですが、実際、「子宮内膜症」が不妊に関わるケースもあるのでしょうか?

「不妊の相談はとても多いです。そして、その原因の1つとして、やはり、『子宮内膜症』があります。不妊は年齢にも関係しますので、子供が欲しくなった時、それが30代後半で、子宮内膜症であれば、IVF(体外受精)も成功しにくくなり、患者さんにとって深刻です」

「子宮内膜症」の可能性があるならば、生理に伴う下腹部痛に我慢は禁物ですね。
それでも、患者さんによっては我慢をしすぎてしまい、症状を悪化させてしまう事があるのではないでしょうか?

「そうですね。ですから、パンフレットを用いて『子宮内膜症』の説明をする際、病気について知識を得てもらうと同時に、症状が悪化してしまった場合のお話もするようにしています。稀なケースですが、肺や膀胱にできたりもしますし、僕の知っている人では、ヘソから出血して腸に穴が空き、そこから腹膜炎ができてしまった危険な例もありました。腸の場合は癒着しやすい事もあり、手術も困難です」

生理痛を我慢し過ぎてはいけないですね。改めて、生理痛や気になる症状があった時は、早めに婦人科を受診する事が大切だと思いました。

あなたが一番困っている時に相談に来てください

受診には、「適したタイミング」などがあるのでしょうか?例えば、生理中は避けた方が良いという話を聞いた事があるのですが。

「受診には、いつどんなタイミングでいらしてもらってもいいですよ。もちろん、詳しい検査は生理が終わってからするのですが、一番困っている時に相談に来てもらって、まずは痛みを抑えて、効果がある事を体験してもらったほうが、検査に前向きになれるというか、もう二度とあんな辛い思いはしたくないと思って治療に専念できます」

受診に際して、何か準備は必要ですか?

「できたらここ数ヵ月の生理の期間と、その症状を簡潔にまとめたメモがあるほうが良いです。それと、受診の時には、生理以外の時に痛みがあるかどうかも教えてほしいですね」

落ち着きのある待合室
落ち着きのある待合室
スタッフの皆さん
スタッフの皆さん

慣れないと生理周期や症状をメモにまとめるのは大変そうですね。

「そうですね。でも、今は皆さんコレですよ(と、スマートフォンをフリックするマネをする先生・・・)」

患者さんの多くは、スマートフォンや携帯のサービスを使って便利に管理をしている様子。生理周期や症状の管理が便利に続けられるので良いですね。

さて、生理痛で受診した場合、どのような治療をされるのでしょうか?

「まずは痛み止めをお渡しするのですが、その痛み止めの効き具合によって最近殆どの人に処方しているのはLEP製剤(※)です。
(※)(低用量の卵胞ホルモンと黄体ホルモンの配合剤、保険適応の低用量ピル)」

「ピル」と言うと抵抗を感じる患者さんやご両親もいるのではないでしょうか?

「最近は二極化しています。全然抵抗のない方と、ホルモン剤というだけでダメだと言って絶対に服用してくれない人もいます。」

実際、ホルモン剤を服用すると癌になるという話を聞いたこともあるのですが、乳癌など婦人科系の癌の心配はないのでしょうか?

「僕は乳癌も専門なので、データをチェックしていますが、学術的に全く関係がありません。ですが、どうしても心配な方もいらっしゃいますので、そうした患者さんには、一度スクリーン検査をしてもらい、納得していただく場合もあります。心配される方もいますが、(LEP製剤を使用することで)卵巣癌については、むしろ罹患率が低くなるんですよ」

それでは、むしろ安全なお薬と言えますね。

生活の質の向上のために正しい知識を

最後に、生理痛に悩む全ての女性にメッセージをお願いします。

「自分の生活の質の向上のために、生理痛を軽減させる方法があるという事を知って頂きたいです。婦人科系の病気については、皆さん特にクチコミに頼るところが多いようです。お母さんや友達の話・マスコミから得た情報、それぞれ正しいモノもあれば間違ったモノもあります。たくさん集めても間違った情報では意味がありません。大切なのは、病気について正しい知識を持つことです。ですから、めぐみクリニックでは患者さんに正しい情報をお伝えする事に努めています。正しい知識を得た上で、みなさんが自分自身で生理痛を軽減する方法を選択することが大切です」

フェルトのマスコット
フェルトのマスコット

上野先生のインタビューを通して、生理痛とその治療法について正しい知識を持つ事の大切さを痛感しました。

診察室でのインタビュー中のこと・・・
取材班一同が気になっていた複数のフェルトのマスコット。先生のお顔である事は間違いないと思いながら、最後の最後に尋ねてみるとやはり!患者さんの手作りだそうです。患者さんからの信頼の厚さが伝わってきます。

産科・婦人科めぐみクリニック

めぐみクリニックに漂うやさしさとあたたかさは、
人と人のぬくもりあるコミュニケーションが作り上げています。
患者さんとスタッフだけにかぎらず、
患者さん同士やスタッフ同士もお互いに言葉をかけあい、
気持ちを伝え合うことでうまれる信頼関係を大切にしています。

産科・婦人科めぐみクリニック
住所
〒920-8217
石川県金沢市近岡町345-1
電話
076-237-1135
診療内容・
受付時間など
詳しくはこちら
URL
http://www.megumi.or.jp/

関連ページ

  • 基礎体温表
  • 症状メモ
  • 病院検索
医療関係者のみなさまへ

日本新薬の疾患啓発サイト

Page Top