ドクターからのメッセージ ドクターからのメッセージ

小池レディスクリニック
院長 小池 弘幸(こいけ ひろゆき)先生

患者さんまで穏やかな気持ちにさせてくれます

宮崎市清武町、駅からすぐ、シンボルカラーの青い屋根が目印の小池レディスクリニックでは、院長の小池 弘幸先生とスタッフの皆さんがアットホームな雰囲気で私たちを迎えてくれます。小池先生は誰でも受け入れてくれる懐の深い先生。患者さんに対してだけではなく、医療スタッフさんとの対応も一つ一つがとても丁寧で、傍らでご様子を拝見していると、優しく豊かな心をお持ちの先生だという事が伝わってきて、こちらまで穏やかな優しい気持ちになれます。例えて言うなら「みんなを平等に愛してくれる愛情たっぷりのお父さん」という印象です」

大学の多いエリア、若い患者さんが来ています

小池レディスクリニックに来院される患者さんの年代を教えて下さい。

「中学生から70代、80代まで、幅広い年代の方が来られます」

中学生も来られているのですか?

アットホームな雰囲気でお迎えいたします。
アットホームな雰囲気でお迎えいたします。

「今は子宮頸がんのワクチン接種が中学1年生から高校1年生まで無料で受けられますので、そのために来院する中高生も多いですよ。その際に月経痛に関する質問や相談をする人もいます。
また、こちらは宮崎大学・宮崎県立看護大学・宮崎産業経営大学・宮崎国際大学・宮崎短期大学と周辺に大学が多くありますので、大学生など若い患者さんも多いです」

先生も宮崎大学産婦人科のご出身ですよね。

「ここから5分程の宮崎大学の産婦人科に20年いました。 大学では子宮内膜症に関する研究をずっとやっていまして、学位を取得した時の専門は『子宮内膜症における月経困難症の発生機序』でした」

~小池レディスクリニックのトラッド調の素敵なシンボルマークの外側は、何と女性の子宮の形をしているそうです。小池先生の子宮への熱い思いが伝わります~
話を戻しますが、学生さんはどんな症状で来院されますか?

小池レディスクリニック

「月経不順や月経痛、月経量が多い、といった症状が多いです。
高校生の中には、学校に行ったけれども痛くて卒倒して救急車で来院した人もいます」

激しい生理痛で救急車で運ばれてくる患者さんはどれぐらいの頻度で来られますか?また、原因は何が考えられるのでしょうか?

「そのようなケースは年に2~3回はあります。実際には腹腔鏡などでお腹の中を検査してみないと分かりませんが、子宮内膜症が原因ではないかと思っています。とにかく痛みが激しくて来られるので、まずは鎮痛剤を処方し、次の周期から低用量エストロゲン・プロゲスチン配合薬の使用を勧めています」

鎮痛剤以外にも、生理痛の治療法があるのですね。女性ホルモン剤ということで、服用に抵抗を感じる患者さんはおられませんか?

「保険適用内の治療薬である事を説明すると、あまり抵抗はないようです」

よくある一般的な病気です

そもそも生理痛の原因は何でしょうか?

「子宮内膜組織から分泌されるプロスタグランジンという物質が生理痛に関連しているということが分かってきています。生理になると普通の人でも痛みはありますが、このプロスタグランジンが多く分泌されると、痛覚の閾値が下がります*1。そのため、ちょっとした痛みでも激しく痛いと感じるようになります。これが生理痛の原因かと思います」

他に何か生理痛の原因は考えられますか?

「子宮収縮の原因として、サイトカイン*2も挙げられます。これも個人差がありサイトカインが多い人は生理痛の原因になります」

病気が原因で生理痛の症状が重くなる事はありますか?

「ありますね。特に子宮腺筋症の場合は100%近く生理痛は重いと言われます」

原因となる病気のある方とない方の割合はどれぐらいですか?

「半々ぐらいですね。原因となる病気のない場合を『機能性月経困難症』、ある場合を『器質性月経困難症』と呼びますが、機能性は10代後半から30代前半の方が多く、年齢が上がると、子宮内膜症や子宮筋腫、子宮腺筋症などが原因の器質性の場合が増えますね」

くつろぎのスペース、ウェイティングルーム
くつろぎのスペース、ウェイティングルーム
プライベートに配慮した内診台
プライベートに配慮した内診台

本日の取材班も女性ですが、器質性による病気がとても心配になってきました。

「診察で病気が見つかっても、『よくある一般的な病気ですよ』と話して患者さんが不安に思わないように心掛けています」

そんな風に言って頂けると確かに安心できますね。
一方、原因となる病気のない機能性月経困難症の場合には、まず鎮痛剤を使用されますか?

「初めは鎮痛剤を使用しますが、薬の使用量が増えて効かなくなってきた場合、低用量エストロゲン・プロゲスチン配合薬を使用することになります。鎮痛剤を使用するよりも、低用量エストロゲン・プロゲスチン配合薬を使用した方が身体にも良いことが多いですしね」

しかし、そもそも「生理痛で婦人科に行くなんて恥ずかしい」と思っている女性も多いようですが。

「程度の差はあるけれど生理痛は多くの人にある、という事を話すと皆さん納得されますよ」

小池先生は常に患者さんに安心・リラックスしてもらえるような言葉で話され、その気遣いが生理痛で辛い思いをしている患者さんのメンタル面をも助けています。

*1:痛みの感受性が高くなること
*2:免疫システムの細胞から分泌されるタンパク質で、特定の細胞に情報伝達をするものをいう。

痛みは他人との比較ができません

先に子宮内膜症の話をして頂きましたが、子宮内膜症は不妊の原因の一つと考えられますか?

「子宮内膜症だと卵管の先端の部分が癒着して、卵子のピックアップがうまくできないことがあります。また、腹水がたまっている場合もあり、その場合、卵管が腹水に浸かってしまって卵管の内腔に影響があります。その場合、卵子や精子の輸送がうまくいかないということもあります。また、卵巣の表面に癒着がある場合、排卵しにくいということもあります。このような理由で子宮内膜症が不妊の原因になりやすいと言えるのです。それを治せば妊娠もしやすくなります」

そのような症状の患者さんは増えていますか?

「増えていると思います。前から多かったかもしれませんが、診断法が改善されたためか増えています」

やはり、30代後半の方が多いですか?

シンボルカラーのブルーの絨毯がさわやかな廊下
シンボルカラーのブルーの絨毯がさわやかな廊下
自己判断は禁物。お気軽にご相談を
自己判断は禁物。お気軽にご相談を

「早い方ですと20代の方も来られます。 不妊症の患者さんの全てが子宮内膜症というわけではありませんが、生理痛が重い方は、子宮内膜症であることは多いです。また、不妊症で来られた患者さんに生理痛のことなどを確認すると、昔から痛みが激しかったという方もおられます。
不妊症は痛みを抑えるだけでは解決しません。そこから初めて子宮内膜症の治療を始めるとしても、その分妊娠は遅れてしまいますので、治療は早い方が良いですね」

ずっと生理痛を我慢していたために先生が治療に苦慮された患者さんの例はありますか?

「チョコレート嚢胞という卵巣にできる子宮内膜症がありまして、嚢胞が破裂してチョコレート色の血液が腹腔内に流れるということがありました。腹膜刺激を起こしてショックを起こしていたので、すぐに開腹手術をしました。その患者さんは看護師さんで、自分で鎮痛剤を飲んで耐えていたようです」

自己判断は禁物ですね。

「その後、婦人科でホルモン剤を使用し、10年後に妊娠しました。ですから子宮内膜症だと将来必ず妊娠できないというわけではないです。当時、27、8歳ぐらいの方だったので、37か38歳で妊娠をしましたね」

この患者さんは若くして嚢胞の破裂を経験されたのですね。

「開腹をした時点では癒着をしていたため、腹膣内は血液でベタベタになっていました。破裂するのは子宮内膜症の最後の段階です」

そのような大事に至らないためにも、生理痛はどのような症状が出たら受診をしたらよいのでしょうか?

「痛みが治まると忘れてしまいますので、生理痛が激しい時点で受診をして、その原因を採血や超音波で調べてもらった方が良いですね」

「このような痛みならば受診する」という基準はありますか?

「痛みなので他人との比較はできません。『以前と比較して今の方が痛みが激しい』という事なら進行している可能性があるので受診して下さい」

自分で判断をしないで、まずは婦人科の先生に診てもらいに行く事が一番大切ですね。

女性のためのホームドクターです

小池先生のように懐の深い、相手をも穏やかな気持ちにさせてくれるドクターのいらっしゃるクリニックなら進んで受診したいです。

「産婦人科は女性のホームドクターと考えて気軽に受診してほしいです。私の専門外で分からない事は他の医療機関を紹介します」

私たちが責任を持ってサポートします
私たちが責任を持ってサポートします

実際に小池先生をホームドクターとして受診される患者さんは多いですか?

「多いですね。何でも相談に来られます。風邪の患者さんも来られますよ。大学病院が近いので紹介も多いです。皆さん、気軽に来て下さい」

小池レディスクリニック

地域に密着した、より質の高い医療・看護を提供するという理念の小池レディスクリニック。患者様が安心して治療を受けられるよう、不安に思うこと・心配に思うこと等を気軽に話せるような環境が整えられ、細やかな心配りでサポートしてくれます。

小池レディスクリニック
住所
〒889-1604
宮崎県宮崎市清武町船引633-5
電話
0985-85-7111
診療内容・
受付時間など
詳しくはこちら

関連ページ

  • 基礎体温表
  • 症状メモ
  • 病院検索
医療関係者のみなさまへ

日本新薬の疾患啓発サイト

Page Top