女性のための生理痛情報サイト おしえて生理痛。子宮内膜症とは

監修 鳥取大学医学部 産科婦人科学 教授 原田省 先生

生理痛の原因と治療

生理痛と子宮内膜症

子宮内膜症とは

子宮内膜症は、もともとは子宮の内側だけにあるはずの子宮内膜が、子宮の内側以外の場所にできてしまう病気です。子宮の内側以外の場所にできてしまった内膜も、本来の子宮内膜と同じように、生理と同じサイクルで女性ホルモンの影響をうけ、増殖や出血を繰り返してしまいます。 子宮以外では増殖した内膜や血液は体外に排出することができません。そのため、毎月生理のたびに炎症を起こし、ほとんどの場合、閉経するまで少しずつ進行していきます。

子宮内膜症が発生する場所

発生場所によって、腹膜病変卵巣子宮内膜症(卵巣チョコレート嚢胞(のうほう))、深部子宮内膜症(ダグラス窩(か)・深在性子宮内膜症)、他臓器子宮内膜症の4つに分けられます。

子宮内膜症が発生する場所

「骨盤内に発生する」 腹膜病変、卵巣子宮内膜症、深部子宮内膜症

子宮内膜症がもっとも多く起こるのは卵巣ですが腹膜、ダグラス窩(か)(子宮と直腸の間のくぼみ)、仙骨(せんこつ)子宮靭帯(じんたい)(子宮を支える靭帯)、膀胱(ぼうこう)子宮窩(か)(膀胱と子宮の間のくぼみ)にもよく起こります。
なかでも卵巣内に発生するとチョコレート様の古い血液がたまって卵巣が大きく腫れ、嚢胞(のうほう)ができるため「卵巣チョコレート嚢胞(のうほう)」と呼ばれています。

「骨盤外の臓器に発生する」 他臓器子宮内膜症

腸、肺やへそ、腟、外陰部、リンパ節などに発生し「他臓器子宮内膜症」と呼ばれています。ときには手術(帝王切開など)の傷跡に発生することもあります。

発症メカニズム

子宮内膜症の原因としていくつかの説が考えられていますが、明らかなことはわかっていません。

現在有力な仮説
「子宮内膜移植説」
生理(月経)中にはがれ落ちた子宮内膜の一部が、腟(ちつ)から経血とともに体外に出ず、逆に卵管を通って卵巣の方へ移動して腹腔に達したり、子宮内膜症細胞が血管やリンパ管を通って他の部位に移動するという説
「体腔上皮化生説」
卵巣を包んでいる皮膜や子宮や卵管などの臓器を包んでいる腹膜など子宮以外の部位にあった上皮細胞が子宮内膜細胞に変化するという説
発症しやすい年齢

以前は30〜40代に多い病気でしたが、初経の年齢が早くなってきているので、患者さんも低年齢化しているといわれ、最近は10〜20代の女性にも増えています。

子宮内膜症は慢性疾患であり、閉経まで長くつきあっていく病気です。また、激しい生理痛をはじめ、さまざまな症状のために、日常生活やライフスタイルにも影響を与えます。多くの症状は婦人科や女性外来で治療することができます。
一人で悩まず、婦人科を受診してみましょう。気軽に相談できるかかりつけ医をみつけることをおすすめします。

疾患別、女性の受療者数

  • ドクターからのメッセージ
  • 病院検索

このページのTOPへ

おしえて生理痛HOME