女性のための生理痛情報サイト おしえて生理痛。生理痛のタイプ

監修 鳥取大学医学部 産科婦人科学 教授 原田省 先生

生理痛の原因と治療

生理痛のタイプ

月経困難症は、大きく2つのタイプに分かれます。

  • 子宮や卵巣になんらかの病気が隠れているもの(器質性月経困難症)
  • 病気の要因はなく、体質や心理的なストレスなどが原因で起こると考えられているもの。

器質性月経困難症 : 病気が隠れている月経困難症

20代後半から多くなり、生理痛をはじめとする症状は、生理初日〜3日目ごろを過ぎても続き、生理期間以外にも痛みが生じることもあります。

考えられる原因
  • 子宮内膜症
  • 子宮腺筋症
  • 子宮筋腫など
  • 詳しく見る(子宮内膜症と子宮筋腫)

機能性月経困難症 : 原因となる病気がない月経困難症

一般に、思春期〜20代前半に多い生理痛です。

考えられる原因
  • 子宮の収縮を促す物質「プロスタグランジン」の分泌量が多い
  • 子宮や卵巣が未成熟
  • 冷え
  • ストレスなど

機能性月経困難症の治療法

病気が隠れていない月経困難症の治療法は痛みの軽減です。薬物療法に加え、普段の生活の中でできる 方法があります。積極的に取り入れていきましょう。

薬物療法

低用量エストロゲン・プロゲスチン配合薬
卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲスチン)の2つの女性ホルモンが含まれています。排卵を一時的にお休みさせることで、生理に伴う痛みやその他の症状を改善します。

鎮痛剤(NSAIDs)
生理時に子宮の収縮を促す物質「プロスタグランジン」の分泌量が多いと、強い痛みを感じます。鎮痛剤にはこの成分を抑える働きがあります。効果を高めるためには、痛みがきそうだと思ったら早めに飲むことがポイントです。

漢方薬
漢方薬は病気や症状にではなく、体質や状態に対して処方する薬です。自分にあった薬を使えば、血行をよくして体質を改善し、痛みをやわらげることができます。桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)や当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)などがよく使われ、保険適用で婦人科でも処方してもらえます。

日常生活の中で

カイロで温める
使い捨てカイロでおなかや腰を温めます。温熱作用で血液循環がよくなり痛みがらくになります。

足浴・腰浴
下半身の血液循環を改善し、生理痛の痛みには特に効果的です。足浴は洗面器に41〜42℃くらいのお湯を入れ、くるぶしまでひたして15〜20分ほど温まります。腰浴は自分の心地いい温度の湯船にみぞおちあたりまでつかり15〜20分。どちらも額に汗をかくまで温まるのがポイントです。

体操
腰骨の飛び出している高さにゴムバンドを強めに巻き付け、両足を肩幅に開き、腰に手を当て、円を描くようにゆっくりと腰を回します。右回し、左回し各20回ずつ。骨盤をゆるめ、骨盤内の血流をよくしうっ血を取ります。

  • 病院検索 生理痛の悩みに応えてくれるお医者さんを探そう
  • 生理痛チェック 最近増えている生理痛、まずはあなたの生理痛をチェックしてみましょう

このページのTOPへ

おしえて生理痛HOME