女性のための生理痛情報サイト おしえて生理痛。生理痛と子宮腺筋症

監修 鳥取大学医学部 産科婦人科学 教授 原田省 先生

生理痛の原因と治療

生理痛と子宮腺筋症

子宮腺筋症って何?

子宮内膜が子宮の内側の筋層内に入り込んで増殖し、子宮内の壁が分厚くなって子宮全体の大きさも大きくなり、生理時の子宮収縮時に痛みがひどくなります。子宮腺筋症はMRIでほぼ診断できますが、子宮筋腫との区別はむずかしいものとなっています。

子宮腺筋症の主な症状

子宮自体の肥大化により、生理痛がひどくなる、出血量が多くなる(過多月経)、貧血の症状が出るなどがあげられます。また、生理のとき以外にも下腹部痛や性交痛などもある場合があります。しかし、自覚症状のない人も少なくありません。

子宮腺筋症の治療
薬物療法※
  • 低用量ピル /排卵を止め、生理を軽くする。
    ピルは避妊薬というイメージがありますが、子宮内膜を薄くする働きがあるため、過多月経を改善することができます。
  • GnRHアゴニスト
    閉経したときのように女性ホルモンの分泌を低下させて生理を止め、子宮内膜の増殖を抑えます。1日2〜3回、鼻の粘膜に噴霧して使うスプレー薬タイプと、4週間に1回、注射をするタイプがあります。ただし、副作用があったり使用期間が限られているため、最近では手術の前に限定して使うのが一般的です。

※低用量ピル、GnRHアゴニストとも、子宮腺筋症には効能・効果として認められていません。

手術

子宮全体が大きくなった場合などは、子宮ごと取る「全摘出術」があります。妊娠を希望する場合や子宮を残す希望がある場合、また比較的限局しているときには、子宮腺筋症の部分だけを取り除く「子宮腺筋症切除術」があります。

  • ドクターからのメッセージ
  • 病院検索

このページのTOPへ

トップページ