生理のしくみ 生理のしくみ

監修:カレスサッポロ 時計台記念病院 女性総合診療センター
センター長 藤井美穂先生

よくある質問

生理痛と女性の病気について、みんなの疑問に医師が答えます。

『生理痛(月経痛)/月経困難症』に関する質問

Q1. 月経困難症はどんな病気ですか?生理痛と同じですか?
A. 生理痛(月経痛)のなかでも日常生活に支障をきたし、治療の対象となるものを月経困難症といいます。
原因となる病気のない機能性月経困難症と、子宮内膜症や子宮腺筋症、子宮筋腫、クラミジア感染などの病気が原因となる器質性月経困難症の2つのタイプがあります。
Q2. 生理痛は病気が原因のこともあるのですか?
A. 子宮内膜症や子宮腺筋症、子宮筋腫、クラミジア感染などの病気が原因となり、生理痛が起こる場合もあります。
これを器質性月経困難症と言い、20代後半から多くなります。
これに対し、原因となる病気のないものを機能性月経困難症と言い、思春期から20代前半に多いです。
いずれも治療法がありますので、生理痛は我慢せずに、早めに婦人科を受診しましょう。
Q3. 生理痛を和らげる方法があれば教えてください
A. 生理痛は原因のあるなしで大きく2つに分けられます。
病気が原因でない生理痛を「機能性月経困難症」といい、軽い運動や腰を温めたりして血流を良くすることで痛みが和らぐ場合もあります。
子宮内膜症や子宮筋腫など、病気が原因の生理痛を「器質性月経困難症」といいます。
鎮痛剤をうまく使ってコントロールできればいいのですが、鎮痛剤は痛みは取れますが病気を治しているのではないので注意が必要。
いずれにしても生理痛がひどい場合は、病気が原因の場合もあるので婦人科を受診しましょう。
Q4. 出産後、生理痛って楽になるのですか?
A. 一度出産を経験すると、ひどかった生理痛もウソのように軽くなるとよくいわれます。
生理痛の原因の一つに子宮頸管を経血が通過する際の痛みがあります。
出産未経験者の場合、子宮頸管が狭く硬いため経血が流れ出しにくく痛みが強くなりがちです。
この場合、出産により一旦産道が広くなると、経血の流れもスムーズになり痛みも軽くなると考えられます。
しかし、出産後に痛みが軽くなる人もいれば、出産後に痛みがひどくなった人もあり、一概には言えません。
Q5. 鎮痛剤の量はどのくらいが普通?
A. 薬の種類によって、量はまちまちですが、書かれている処方量を守ることが大切です。
飲んでいても効かないとか、効きにくくなってきたと感じる時には、薬の効果が弱くなってきたというより、あなた自身の体に変化が起きている可能性があります。
病気が隠れていることもあるので婦人科を受診しましょう。
Q6. 痛み止めを飲むタイミングを教えてください
A. 痛みを我慢する必要はありません。
コツは、痛くなる前に飲みはじめ、痛いと予想される期間服薬すること。
それでも鎮痛剤が効かない場合は、婦人科を受診しましょう。
Q7. 鎮痛剤を飲み続けていると効かなくなるというのは本当ですか?
A. 鎮痛剤そのものが、使い続けることで効かなくなることはありません。
飲み続けて効かなくなったとしたら、身体の方に変化がおきた可能性があります。
いつもより冷えやストレスが強かったり、なんらかの病気のサインかもしれません。
今までの量で効かなくなった、効く時間が短くなった場合は、早めに婦人科を受診しましょう。
Q8. 生理痛には鎮痛剤や漢方で十分と聞きましたが?
A. 鎮痛剤以外にも、女性ホルモンの分泌や働きを抑えることにより、生理に伴う痛みやその他の症状を改善する低用量エストロゲン・プロゲスチン配合薬(LEP製剤、低用量ピル)やプロゲスチン製剤などのホルモン療法があります。
生理痛は我慢せずに、一度婦人科で相談してみましょう。
Q9. どの程度の生理痛であれば治療を受けた方が良いのでしょうか?
A. 市販の鎮痛剤が効かなくなってきたり、以前に比べて生理痛がひどくなってきた場合は、早めに婦人科を受診しましょう。
また、生理痛を感じる月、感じない月があった場合も、病気が隠れている場合がありますので、一度婦人科を受診しましょう。

関連ページ

  • 病院検索
  • 生理痛チェック
  • ひどい生理痛は病気が原因かも!?
  • よし!産婦人科へ行こう!
医療関係者のみなさまへ

日本新薬の疾患啓発サイト

Page Top