生理のしくみ 生理のしくみ

監修:カレスサッポロ 時計台記念病院 女性総合診療センター
センター長 藤井美穂先生

よくある質問

生理痛と女性の病気について、みんなの疑問に医師が答えます。

『低用量エストロゲン・プロゲスチン配合薬(LEP製剤)/低用量ピル』に関する質問

Q1. 低用量エストロゲン・プロゲスチン配合薬(LEP製剤)とはどんな薬ですか?低用量ピルとは違うのですか?
A. 卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲスチン)の2つの女性ホルモンが含まれています。
排卵を一時的にお休みさせることで、生理に伴う痛みやその他の症状を改善します。
子宮内膜症や月経困難症治療を目的として保険適応が認められている薬剤です。
低用量ピルも同様に2つの女性ホルモンが含まれますが、避妊を目的に使われる薬剤であり、保険適応は認められていません。
Q2. 低用量エストロゲン・プロゲスチン配合薬(LEP製剤)を飲むとがんになるリスクが高くなりませんか?
A. LEP製剤を飲んで、乳癌などの各種婦人科がんのリスクを高めることを示したデータはありません。
卵巣がんや子宮体がん、大腸がんのリスクについては、減少させることがわかっています。
Q3. 低用量エストロゲン・プロゲスチン配合薬(LEP製剤)を飲むと太りませんか?
A. LEP製剤を飲んだことが原因で体重増加がみとめられるという明らかなデータはありません。
ただし薬を飲んだことで体調がよくなり、食事の量が増えてしまうこともあるので注意しましょう。
Q4. 低用量エストロゲン・プロゲスチン配合薬(LEP製剤)を飲むと、将来妊娠できなくなるのではないかと心配です。
A. お薬を飲んでいる間は排卵が抑えられているので妊娠はできませんが、飲むのをやめると元の状態に戻ります。
LEP製剤を飲むことで、将来妊娠できなくなるということはありません。
Q5. 低用量エストロゲン・プロゲスチン配合薬(LEP製剤)は風邪薬と併用しても問題ありませんか?
A. アセトアミノフェン、サリチル酸を含むお薬と一緒に飲む場合は注意が必要ですが、それ以外の薬とは安心して併用できます。
気になることがあれば、医師・薬剤師に相談しましょう。

関連ページ

  • 病院検索
  • 生理痛チェック
  • ひどい生理痛は病気が原因かも!?
  • よし!産婦人科へ行こう!
医療関係者のみなさまへ

日本新薬の疾患啓発サイト

Page Top