生理のしくみ 生理のしくみ

監修:カレスサッポロ 時計台記念病院 女性総合診療センター
センター長 藤井美穂先生

用語集

ホルモン

エストロゲン
卵胞ホルモン。
卵巣から分泌され、女性の性徴と生殖器管の発達を制御します。
プロゲステロン
黄体ホルモン。
卵巣から分泌され、受精卵が子宮内膜に着床する準備や、乳腺による乳汁の分泌を準備させます。
黄体形成ホルモン(LH)
卵巣で成熟した卵胞を刺激し、排卵を促します。
卵胞刺激ホルモン(FSH)
卵巣内の原始細胞を刺激して成熟させ、卵胞ホルモンの分泌を促します。
下垂体
脳の中心部にあり、視床下部からの指令を受けてホルモンを分泌します。
プロスタグランジン
ホルモンに似た物質で、子宮を収縮させ、子宮への血流を減少させ、子宮内の神経を痛みに敏感にさせる作用があります。
その他にも痛みの発生、免疫やアレルギー、睡眠にも関連することが知られています。

関連ページ

  • 病院検索
  • 生理痛チェック
  • ひどい生理痛は病気が原因かも!?
  • よし!産婦人科へ行こう!
医療関係者のみなさまへ

日本新薬の疾患啓発サイト

Page Top