生理痛の原因と治療 生理痛の原因と治療

生理痛の症状と緩和する方法

腰痛

生理前・生理中の腰痛、その原因は?

女性イラスト
生理直前や生理中、腹痛に加えて腰痛に悩まされることがあるのではないでしょうか。
その原因には「プロスタグランジン」という物質が深く関係しています。プロスタグランジンは、子宮収縮を促して経血の排出をスムーズにしてくれるホルモンですが、血管を収縮させる作用もあるので、腰痛やだるさ、冷えがひどくなります
また、女性はストレスを感じると自律神経に影響を受けやすく、生理不順や生理痛に悩まされることが少なくありません。加えて、冷え症やストレス、ホルモンバランスの乱れなども無視できません。これらによる骨盤内うっ血も生理中の腰痛に影響を与えているのです。とくに、長年の冷えから腎臓や消化器に負担がかかっていると、腰痛につながります。生理痛や腰痛は、血液の流れが滞っているというシグナル。日頃から冷え対策やストレス解消を心がけましょう。

腰痛を緩和する方法

ホルモンバランスの正常化にとって、ストレスは天敵です。
そのため、仕事とプライベートの兼ね合いを大切にしたり、余暇や趣味を楽しんだり、リラックスする時間を持つことが大切です。たとえば、仕事の合間や通勤途中に、深い呼吸を取り入れてみるのもおすすめ。息をゆっくりと吐くことで副交感神経が優位になり、自律神経のバランスが整えられ、内臓や汗腺の働きの正常化にも有効です。また、骨盤の開放をスムーズにするためのエクササイズや、骨盤と連動する胸部(肋骨から脇腹まで)をやわらかくするマッサージといったセルフケアを習慣づけるのもいいでしょう。中には、子宮や卵巣、骨盤や内臓などに問題があって引き起こされる痛みもありますので、日常生活に支障が出るほどの痛みがある場合は早めに婦人科を受診してください。

他の症状も見てみる

関連ページ

  • ひどい生理痛は病気が原因かも!?
  • よし!産婦人科へ行こう!
  • ドクターからのメッセージ
  • 病院検索
医療関係者のみなさまへ

日本新薬の疾患啓発サイト

Page Top